法人税

法人税の納税者

香港「税務条例」の規定に基づき、法人税の納税者と言うのは、香港で経営によって利益を獲得した会社又は個人のことです。

課税範囲

香港会社を運営することによる得られた収益は香港政府に法人税を支払わなければならないです。(会社資本性資産を売買による収益を除く)逆に当該企業の香港本土以外の経営活動による収益は香港政府に税金を支払わないです。例えば、香港以外で得られた収益を当該企業の香港にある自社口座に送金しても、税金は発生しません。その収益が香港で運営し得られた物かどうかは、企業の運営事実に基づいて判断されます。

例えば、不動産の売買は収益を得るといった目的とした企業活動の場合、当該企業は香港政府に税金を支払わなければなりません。

法人税の税率

  • 有限責任会社の法人税税率は16.5%
  • 独資会社や合弁会社法人税税率は15%

課税年度

一般的には、課税年度は毎年の3月31日或いは12月31日になって、通常は12ヶ月になりますが、新規会社の最初の課税期間は会社創業日から最大で18ヶ月まで延長できます。

免除

  • 法人税納付済みの会社から獲得した株式配当金又は投資収益は課税対象利益とされません。
  • 認定機構に預けた貯金の金利は課税対象とされません。

控除

課税対象利益を計算する時に、以下の項目が控除できません。

  • 任意非評税利益発生の為の支出
  • 改善の為に使ったコスト及び任意資本制支出
  • 保険計画或いは賠償金の契約によって回収した支出
  • 「税務条例」により納付する各種税金
  • 交通違反をした場合に支払いの交通違反の罰金

暫定納付法人税

課税年度が終了する前に、税務局は前年度の税金金額に基づいて企業に暫定法人税を徴収します。次の年度に、企業の支払うべき年度税金が評価されたら、納付済みの暫定法人税は該当年度の法人税に当てられます。

税務優遇策

  • 機会や設備を購入する場合、その該当固定資産の初期減価償却費は購入当時金額の60%とします。
  • パソコンを購入する場合、ハートディスクとソフトウエアの実際の購入金額は控除できます。
  • 工商業者が商用ビルの修繕工事の為の資本支出は五つの課税年度に分けて相殺できます。
  • 香港製造会社が中国に「来料加工工場」を設立すれば、利益の50%のみを香港源泉利益と見なし、法人税の対象となります。
[]
1 Step 1
Previous
Next
powered by FormCraft


  Email Us

   HongKong:+852 2143 9715

   Shenzhen:+86 755-2588 0434

[]
1 Step 1
Previous
Next
powered by FormCraft