香港労働ビザ申請

香港は国際金融都市としての地位を固めるため政府は 専門的・技術的分野 の最良の人材を誘致できるような政策を行っています。

香港就労ビザの申請には、次の手段があります。

香港でのビザ取得の必要性について

日本のパスポートで香港に継続して滞在できる期間は90日間以内と定められていますが、これは短期訪問・観光目的のみに限られます。香港内でのビジネス活動や継続して90日間を超える滞在をおこなうためには、就労ビザ、投資ビザや家族ビザなどのビザが必要となりますので注意が必要です。適切なビザを持たずに香港での就業や就学をおこなうと、罰金や禁固刑に処される可能性がありますので、事前に必要なビザを確認し取得することが重要です。取得するべきビザが分からない場合は、当社までお気軽にご相談ください。

香港ビザを取得する上での重要事項

香港ビザを取得するためには、香港イミグレーションの一定条件を満たさなければなりません。
特に重要な条件は以下であり、これらを満たせない場合はビザ取得が困難となります。そのため、英語や中国語が得意な方でも当社のような専門家に相談した上で、申請をおこなうことをおすすめします。

  • 申請者のビザを許可することで香港人の雇用が見込まれること。
  • ビザ申請者が香港経済の発展に貢献できる可能性があること。
  • 香港人には遂行困難な業務内容やポジションであること。

ビザの取得条件を満たしたいがために申請書類に虚偽の記述をおこなったり、過去に提出をしたビザ資料と新たに提出をおこなうビザ資料の内容が一致していない場合、ビザが許可されないだけでなく、それ以上の大きな問題に発展する可能性がありますのでご注意ください。
一度、ビザ取得に失敗してしまうと再取得は非常に困難となることも合わせてご理解ください。

サービス概要

  • 香港就労ビザコンサルティング
  • 香港就労ビザ申請案の作成及び資料の準備
  • 就労ビザの申請及び延期
[]
1 Step 1
Previous
Next
powered by FormCraft


  Email Us

   HongKong:+852 2143 9715

   Shenzhen:+86 755-2588 0434

[]
1 Step 1
Previous
Next
powered by FormCraft