香港法人の年度監査に関するQ&A

問い:
香港法人の年度監査とは?
答え:
香港法人の年度監査は主として商業登記証の更新と年次報告書の提出です。香港の商業登記証の有効期間は一年です。したがって、会社設立後は毎年商業登記証を更新しなければなりません。また、香港の会社登記局は年次報告書の提出を求めています。報告書では株主の人数、氏名、出資比率、経営状況等を説明しなければなりません。
問い:
香港法人の年度監査の申請方法を教えてください。
答え:
ユニワールドは香港法人及びオフショアカンパニーの年度監査サービスを提供しております。
問い:
香港法人の年度監査の時期を教えてください。
答え:
香港政府は毎年会社設立日の前に、商業登記証の更新と年次報告書の提出を要求しています。
問い:
年度監査が遅れた場合はどうなりますか?
答え:
  • 罰金が発生します。商業登記証更新費用以外に罰金を払わなければなりません。商業登記証の更新が遅れると300香港ドルの罰金が発生します。また、年次報告書の提出が遅れると罰金は次のようになります。
    会社設立日から起算 罰金金額(HK$)
    設立日から42日以内 105
    設立日から42日を超えて3ヶ月まで 870
    設立日から3ヶ月を超えて6ヶ月まで 1,740
    設立日から6ヶ月を超えて9ヶ月まで 2,610
    設立日から9ヶ月を超える 3,480
  • また、取締役は起訴される可能性があり、会社や取締役の信用を損ねます。
[]
1 Step 1
Previous
Next
powered by FormCraft


  Email Us

   HongKong:+852 2143 9715

   Shenzhen:+86 755-2588 0434

[]
1 Step 1
Previous
Next
powered by FormCraft